• ホーム
  • 機関でクラミジア検査でパーキンソン似の症状でも安心

機関でクラミジア検査でパーキンソン似の症状でも安心

両手で持たれる葉と白い錠剤

性病に罹患した人が、パーキンソン病に類似した症状を発症することがあります。
パーキンソン病の初期症状としては、ふるえやこわばりなどが見られます。
ほかにも、便が出にくくなったり、立ちくらみや発汗異常などがあります。
最初のうちは、脳の障害であると判断しにくいため、異常を見逃してしまうことが往々にしてあります。
パーキンソン病の疑いを持ったときは、神経内科のような専門的な医療機関で検査を受ければ、正確な診断を得やすくなります。
そのときは、ほかに目立った兆候がないのにパーキンソン病のような症状が出ていたら、エイズの可能性も考えられます。

性病で多いものに、性器クラミジアがあります。
男性が感染している場合は、尿路感染が出てきますので、自覚症状が顕著でありますが、女性の場合には感染の自覚がないケースも珍しくありません。
ただ、女性の場合は妊娠に際しての安全性確保のために、妊娠時に医療機関でクラミジア検査が行われます。
検査の結果、自分がクラミジアに感染している事実に気づくこともよくある事例です。

クラミジアの治療に際しては、男性でも女性でもジスロマックのような抗生物質が使用されます。
一部の抗生物質はクラミジアには効果を発揮しないものもありますが、ジスロマックはマクロライド系の抗生物質ですので、クラミジアに対しても有効なのです。
ジスロマックは作用時間が長いという特徴を持っていますので、服用回数も少なくて済みます。
ですから、クラミジア感染に対する治療法として、ジスロマックの投与ということがよくなされます。
ジスロマックでの治療を行った経験がある人は、一定の時期にエイズの検査を行って、自分がリスクを抱えていないかをチェックしておくことが大切です。