お知らせ
多様なカプセルのスプーンと瓶

最も患者数の多い性感性症の一つで「クラミジア・トラコマティス」による細菌の一種です。
クラミジアは細菌とウイルスの中間に分類される微生物で生きた細胞の中で増殖します。
主に性行為によって感染してしまう為、自覚症状がないままパートナーへ感染してしまうことがあります。

女性の症状としては多くの場合気づかないことが多く、おりものがわずかにある程度で、放っておくと子宮内膜症、腹膜炎、欄肝炎をおこしたり子宮外妊娠や不妊症の原因になります。
クラミジアに感染したまま妊娠・出産すると新生児に結膜炎や肺炎などの病気の原因に繋がります。

男性の場合は主に感染するのは尿道で、目立った症状がないことから気づかぬうちに尿道炎・前立腺炎・副睾丸炎などに感染したりします。
自覚症状がある場合は早期に医療機関へ行き、詳しい検査をすることが大切です。

だいたいはパートナーも感染している症例が多いので、二人一緒に同時期に受診・治療を行う必要があります。
女性の場合は産婦人科、男性の場合は泌尿器科の受診で治療が受けられます。

クラミジア検査内容としては、綿棒や木製のヘラを使い膣内部の分泌液(おりもの)や細胞などの採取を行ったり、場合によっては採血・採尿が必要になります。
検査時間はほんのわずかで検査結果も即日わかることがほとんどです。
男性の場合は尿検査のため、結果が分かるまで1週間ほど時間がかかる場合がほとんどです。
パートナーの結果がわかるまでは性行為は控えるように。

また、基本的なクラミジアの治療はクラミジア感染症の治療薬(ジスロマック)の服用で治していきます。
ジスロマックは7日間効果が持続する事もあり、ほとんどのクラミジア感染症を治すことができます。
効果の持続時間が長いため服用回数が少なくて済み、副作用も少ないので体に負担をかけません。

ジスロマック以外だとレボクインもクラミジア治療によく使われる薬です。
レボクインはクラビットのジェネリック医薬品であり、キノロン系の抗生物質です。
レボクインの特徴はクラミジアだけではなく様々な細菌に効果があるということです。
淋病やコレラ、サルモネラにまで効果があると言われています。

レボクインはジェネリック医薬品ということで、価格も安く購入することができるのでお勧めです。
またアンピシリンで淋病の治療ができますのでレボクインが合わない人にはアンピシリンもお勧めです。
アンピシリンはペニシリン系の抗生物質で、有効菌種が幅広くインフルエンザ菌などにも効果を発揮する優れものです。

ジスロマックのジェネリックで治療されると治療費が安く済むのでおススメです。
人気なのがジスロマックジェネリックであるアジーを使用するのも良いでしょう。
ジスロマックの効果はそのままに、価格が非常に安くなっているので非常に経済的といえます。
どの薬でもそうですがアジーの通販は到着までが早いサイトを選ぶということが大切です。
クラミジアは日本で最も感染者数が多く身近な性病ですし、淋病は放っておけば深刻な症状が出てしまうためどちらにせよ早期治療が不可欠なのです。

アーカイブ
サイト内検索